日常

父の日は盛り上がらないから祝わない?平均金額からセルフ父の日まで


どうも、うにょらーです!
 

今日も、
手乗りサイズ~子持ちサラリーマンの金策備忘録~
にお越しいただきありがとうございます。
 

今回は今週の日曜日(2018年6月17日)に迫ってきました、
 

父の日
 

についてまとめていきます!
父の日は祝わないという方が多いことについてや、最近「セルフ父の日」なるものがあるとのことなので、それについてもふれていければと思います!
自分も父親なのでなんというか、複雑な気持ちになる記事です…笑

 
 
 

スポンサーリンク

父の日は盛り上がらないから祝わない?



 

51.1%がプレゼントを贈らない…


世のお父様方には衝撃的な見出しですね…
日本生命保険相互会社が2016年に公開した「父の日」に関するデータではプレゼントを贈らないと答えた人が51.1%
更には贈らないと答えた人は2013年~2016年にかけて

42%

44%

47.8%

51.1%

徐々に減少している…


「なぜ!?」


と叫びたくなるかもしれませんが、事実のようです。
ネットで検索しても、

「忘れていた」
「いつ?」
「盛り上がらないからやらない」

という声が良く聞かれました。
 

日本では母の日から派生して1950年ごろから祝われるようになった父の日ですが、母の日に比べると全然定着していないイベントのようです。

参考:母の日
敵味方問わず負傷兵の衛生状態を改善するために地域の女性を結束させたアン・ジャービス。
その死後に娘のアンナ・ジャービスが白いカーネーションを送ったのが起源とされる。
その後1914年にアメリカの記念日として5月の第2日曜日に制定された。
日本では何度か母の日に近いことは行われていたが定着しておらず、現在に近い形となったのは1949年ごろからとされている。

 

日本での歴史にそんなに差はないですね…

母の日=カーネーション


みたいな定番がないからでしょうか…
 

 
 
 
 

スポンサーリンク

父の日のプレセント、平均金額は?



 

3000~5000円未満が最多!


これに関しては多いと感じるか少ないと感じるかは人によるかと思います。
先ほどのデータとともに日本生命保険相互会社が発表したデータによると、

3000~5000未満:35.4%
5000未満~10000未満:29.7%
3000未満:21.9%

というプレゼントの金額が回答されたそうです。
値段よりもらえることが嬉しいというお父様方も多いでしょうね!
 

そんな中、最近デパートや百貨店が力を入れはじめた「セルフ父の日」なるものがあるそうです…
 

スポンサーリンク

セルフ父の日とは?

 


 

家族からの消費拡大が望めないから…?


もともとはプレゼントをもらえないお父様方が「自分へのご褒美」としてプレゼントを購入したのが始まりだそうです。
そこに目を付けたデパートなどが、中高年の男性をターゲットに商品を用意し始めた。とのことです。
まぁ、年々プレゼントする人が減っているならそうなりますよね…。

人気としてはお酒用のタンブラーや快眠用の枕、バッグなどが良く見られているそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

父の日は盛り上がらないから祝わない?平均金額からセルフ父の日までのまとめ


いかがでしたでしょうか。
世のお父様方にはさみしい記事になってしまいました…。
ですが6/15のZIP!の特集で、プレゼントをもらった方のすっごい笑顔が放送されていました!
Tシャツをもらったと嬉しそうだったり、子どもの工作を神棚に飾ったり…
そういった放送をみて、

「うちもあげてみるか」
「ことしは祝ってみよう」

という家庭が増えることを願います!
 

それでは、以上で

父の日は盛り上がらないから祝わない?平均金額からセルフ父の日まで


についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

では!

 

スマホ代にお悩みなら、楽天モバイル!

少しでもスマホ代を抑えたい。
誰しも思うことです。
そんなあなたに、楽天モバイル!



私は楽天モバイルで契約していますが、

・各通話10分無料
・速度制限時も最大1000Mbps


それでいて、私のスマホ代は、
月額1000円!
今一番選ばれてる格安simのひとつ、
ぜひ検討してみては?