日常

「生きていることが怖い」と思った、ペシミストの私が選んだ生き方

「生きていることが怖い」と思った、ペシミストの私が選んだ生き方
うにょらー
こんにちは
学生時代からペシミスト
うにょらー(@unyora3)です



あなたにとって、「生きる」ということは楽しいですか?

そこで迷いなく「楽しい」と言い切れる方は、

  • 恵まれた環境にいる人
  • 自分で切り開いてきた人
  • 本当の意味で強い人

うにょらー
いずれかだと思います。


そう思えている今を大切にしてほしいと思います。

しかし、現代社会で生きるほとんどの人は、大小問わず嫌なことがあり

  • 生きているのが嫌
  • 生きているのが怖い
  • 生きているのが辛い

そう思ったことがあったり、今現在思っているのではないでしょうか。

私自身、自分という存在に価値を見いだすことができず

うにょらー
生きているのが怖い


そう思っていた時期が人生の半分ぐらいです。

うにょらー
今現在はどうなのかというと、変わらず怖いです。


そんな状態であっても、どうにか生き続け、遠回りしながらも前に進めていると思います。

私と同じような考えを持ったあなたに、私が選んだ生き方を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

生きているのが怖くても生き続けるという選択


「生きていることが怖い」と思った、ペシミストの私が選んだ生き方



学生時代も社会人になってからも、自分という存在に価値を見いだせず、それ以上に


自分が存在することは、誰かの迷惑でしかないのではないか

そんな考えに支配されました。

うにょらー
消えてしまいたい


何度そう思ったことかわかりません。

いかし、自分に価値がないのがわかっていても、人間というものは生まれてきた段階で周囲に影響を及ぼす存在であり、簡単に消えることすら許されません。

もしも消えようものなら、

  • 世間
  • 周囲
  • 家族

それらに与える影響は甚大です。

自分の命を消すことについて考えたからわかりますが、

周囲に迷惑をかけずに死ぬことは不可能です。

うにょらー
考えてみてください。
もしあなたがいなくなった後の世界を。


もしも学生ならば、

あんなに思いつめるまで苦しんでいたのに、親は気づいてやれなかったのか

もしも父親ならば、

お前の父親蒸発したらしいな

奥さんが浮気でもしてたんじゃないの

ご存じだと思いますが、他人なんて好き勝手言いふらすことに喜びを感じる生き物です。

実際がどうだったかとか、どんな気持ちでいたかなど一切関係なく。

私自身に価値を見出せない私。

そんな私のために、私という存在に関わった人が苦しむのなんて、耐えられません。

うにょらー
絶望しながら生きていたほうがマシだと思えるほどには。


いなくなったらより一層の迷惑をかけるからいなくなれず、生きていても迷惑をかけることは確定。

どう転んでも迷惑しかかけないのなら、いっそのこと

辛いなら辛いとわめきちらし、暴れ、全てを捨てて逃げてでも意地汚く生き続ける。

うにょらー
それが私の選んだ生き方です。


そして、意地汚く生き続けてやるということが、私やあなたを追い込んだやつへの復讐にもなります。

うにょらー
まずは生きるという選択をしてやりましょう。


うにょらー
そうは言っても、辛いものは辛いですし、怖いものは怖いです。

参考になるかはわかりませんが、私のとった

卑怯な方法

紹介します。



スポンサーリンク

生きていることが怖い私がとった生きる方法


「生きていることが怖い」と思った、ペシミストの私が選んだ生き方


うにょらー
ここから紹介するのは卑怯な方法です。


私が生きるために、家族や他者を利用します。

どう転んだって迷惑をかけるのなら、利用して生き残って、最後の最後に少しでも恩返しができるかもしれない可能性を残す。

絶対に褒められる生き方ではないですが、一度きりの人生です。

うにょらー
意地汚くでも生き抜いてやりましょう。



共依存したり、家庭を作る

うにょらー
自分が生きていていいんだと思える環境づくり。


精神的な他者への依存

人間なんていう、ちんけな存在は人に頼らなければ生きていけません。

自分自身が自分に価値を見出せないなら、他者に見出してもらえばいいのです。

例えいびつな形でも、人に必要としてもらえる。

うにょらー
それが自己肯定につながります。

学生時代は共依存。

社会人になってからは、結婚。

うにょらー
そんな卑怯な生き方をしたのが私です。

しかし、この方法が私にとっては生きる大事な意味になりました。

  • この世界には私を必要としてくれる人がいる。
  • なにがあっても、私が消えるわけにはいかない。

そんな自己満足な使命感が、今私を生かす原動力になっています。

私の場合、運よく相手を得ることができました。

うにょらー
でもその相手は人でなくても良いと思います。

親だろうと、野良猫だろうと、植物だろうと。

うにょらー
植物の存在だってバカにできません。

私の学生時代の一部は多肉植物とサボテンに支えられました。

私が水を与え、植え替えなどの手入れをしなければコイツは大きくなれないし、枯れる。

そんなちっぽけな自己肯定だって、あなたをこの世につなぎとめるきっかけにはなります。

でも、私の場合は精神的に不安定になりすぎて、

うにょらー
私ごときに買われることになるコイツが可哀そう

そんな風になってしまい一時期生き物全般を避けるようになってしまったので、そこまで行ってしまったら人に依存するしかありません。


嫌なことからはすぐ、即、一目散に逃げる


私たちのような、精神的にもろい人間に一番大切なこと。

逃げる

時代が時代なら、すぐに捕らえられ極刑なんてこともあったかもしれません。

うにょらー
でも、今なら問題ありません。

あなたを必要としない環境からは、逃げる。

私のように「家庭」を持って自分をつなぎとめることによって、「逃げ」を制限している場合であっても、逃げの方法はいくつでもあります。

  • 転職
  • 部内異動
  • 傷病手当をもう前提で休職

いくらでも逃げていいと私は思います。

意地汚くたって、後ろ指指されたって、あなたとあなたにとって大事な存在が守れれば。

うにょらー
私は前職では精神を病み、休職しました。

当時は、傷病手当がもらえるなんて言うことを知りもせず、調べる余裕もありませんでした。

親にひたすら養ってもらいました。

精神的に追い詰められていたこともあって、社会人になって家庭をもってまで親の負担になる現状から

自分なんていない方が絶対に良い

そんな考えしかありませんでした。

それでも、「家庭をもっている」ことが人生からの離脱だけは私に許さず、私の生をつないでくれました。

うにょらー
もしかしたら、本当に消えてしまって家族には保険金などを残した方が幸せだったのかもしれません。

それでも、生きてさえいれば迷惑もかけるけど、それ以上の幸せを与えられる可能性がある。

うにょらー
今の生を守るためにひたすら嫌なことからは徹底的に逃げています。

パワハラ上司から逃げるために、ごねて異動だってしてやりました。

うにょらー
大丈夫です。
何とかなるものです。



お金と自己肯定のためのブログ


あなたが今読んでいるこのブログ。

私は一切善意では書いていません。

広いネットの海ですから、探せば善意だけでブログを書いている人もいるかもしれませんが、私は違います。

うにょらー
少しでもお金になるからです。

私の場合は、月に1万円ほど。

サーバーを契約したり、ドメインという「○○○.com」みたいな物の取得&維持には月1000円ほどかかっても、収益ではプラスです。

その収益を得るためには、

  • 人に読まれる
  • 人に商品を買ってもらう
  • 人に商品を契約してもらう

そのいずれかが必要です。

うにょらー
私のような卑怯な人間は、その部分を曲解します。

人に読んでもらえる、買ってもらえるということは、

「このブログ=私」が必要とされている

うにょらー
そうです。
自己肯定につなげます。

そんなメンヘラのような考え方でもいいのです。

あなた自身を支える方法を何かひとつでも見つけてみてください。

スマホ代にお悩みなら、楽天モバイル!

少しでもスマホ代を抑えたい。
誰しも思うことです。
そんなあなたに、楽天モバイル!



私は楽天モバイルで契約していますが、

・各通話10分無料
・速度制限時も最大1000Mbps


それでいて、私のスマホ代は、
月額1000円!
今一番選ばれてる格安simのひとつ、
ぜひ検討してみては?