雑記

自転車事故の備忘録。実際にあった賠償事例からその後を考える。



どうも、うにょらーです!
 

今日も、
手乗りサイズ~子持ちサラリーマンの金策備忘録~
にお越しいただきありがとうございます。
 




今回は自転車通勤をしている私には関係の深い「自転車事故」「その後」についてまとめていきます。
イヤホンをしながらスマホと飲み物を持ち、電動アシスト自転車に乗っていた方が死亡事故を起こされたのが記憶に新しいかと思います。
実際問題、加害者側だけでなく被害者になる可能性も十分あるため一度「賠償金」「障害」から事故について考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク





 

自転車事故の備忘録、実際にあった賠償事例





①自転車対歩行者


電動アシスト自転車に乗った女子大学生が右に飲み物、左にスマホを持ち、左耳にはイヤホンをし、両手をハンドルに添えただけの状態で走行。
女性に衝突し、被害者はその後死亡した。女子大生は衝突直前までスマホを操作し、ポケットに入れようとした際にぶつかった。
警察は重過失致死として女子大生を書類送検。

 

②自転車対自転車


男性(24歳会社員)が自転車で交差点を通過しようとしたところ、道路を横断してきた高校生の自転車と衝突。
被害者の男性には後遺障害1級が残った。
損害賠償金額は1億7244万円。
※後遺障害1級:主に視力や手足に重篤な障害が残り、寝たきりのような要介護生活にはならなかったものの、普通の社会生活を送るのが困難な後遺症

 

③自転車対歩行者


少年(11歳)が帰宅途中にマウンテンバイクで坂を下っていたところ、女性に気づかず衝突
被害女性は寝たきりとなった。
損害賠償金額は9500万円。

少年の親に対して支払いが命じられた。



 

自転車事故での高額賠償での加害者、被害者





高額の賠償金が発生した場合

加害者側になった場合、数千万、数億の賠償金になると自己資産では払えないという方が大半だと思います。
自己破産を考える方もいるかと思いますが、

「破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権」
「破産者が故意又は重大な過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権」



の場合では自己破産ができません。
給与や資産から差し押さえられていきます。


被害者側になった場合、重大な後遺症、寝たきりになった場合日々高額な介護費、医療費がかかります。
加害者の支払いが

滞る
給与が少ない
居場所を転々とし支払から逃れようとする



等が起きると十分な介護、治療が受けられなくなります。
意識不明だった場合などは医療費が払えないと…


 

スポンサーリンク





 

自転車事故のその後を考える






上に書いたように支払う側も支払われる側もお金の面で苦労することは必然です。


加害者側は数億の賠償金など一介の学生、サラリーマンが「ポン」と払えるはずもないので、給与から差し引かれるのは確実かと思います。
その場合生活に必要な額を残してあとはすべて差し引かれます。
支払いが長期間にわたっても終わらない場合、退職金、年金からも差し引かれます。
金銭面もそうですが、人の人生を狂わせてしまったという思いから、おそらくまともな生活は送れないです。



被害者側は②のケースのように若い男性だった場合、働く能力を失う可能性があります。
自己の保険等で保証されたり、国の補償等が受けられるかもしれませんが、それでもやはり生活は豊かではないと考えられます。
更には生活の一部介助をしてもらう必要があるかもしれないので、結婚等をあきらめる方もいるかもしれません…


自転車事故を防ぐために



チャイルドシート(自転車)の前、後ろのせ!人気は?中古品や重量まで


どれだけ気を付けていても様々な要因から事故は起こってしまう可能性があります。
まずはそういった時のために「保険」に入る必要があるかと思います。
インターネット上で探せば、月々360円~で最高賠償2億円の保険や、年2030円で最高賠償無制限の保険など様々あります。
補償金額は少ないですが、TS保険という自転車の点検をしなければ入れない保険などもあります。
自分には関係ないと思わず、自分の分、家族の分を検討してみてください。


なにより一番大事なのは、注意して運転することです。
ながらスマホなどもってのほか、片手運転も制動力(ブレーキ)がの効きが著しく悪くなります。





自転車事故の備忘録。実際にあった賠償事例からその後を考える。のまとめ



いかがでしたしょうか。
元自転車販売員として全く整備されていない自転車、事故を起こしたor巻き込まれた自転車をよく見てきました。
最近多くの方が乗っている電動アシスト自転車など自転車が重いうえに速度が出るのでぶつかったらすぐに重大事故です。
使い方を誤れば本当に危険なものが多いので、一度自身の状況を整理、対策してみてください。


それでは、以上で

自転車事故の備忘録。実際にあった賠償事例からその後を考える。

についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

では!

スポンサーリンク






ABOUT ME
うにょらー
学生時代には粉砕骨折や靭帯の断裂、 社会人になってからは双極性障害(躁うつ)を経験した 「うにょらー」です! 子どものためお金稼ぎに奮闘します!