エンタメ

バケモノの子(細田守監督)「心の闇」の正体を考える。誰にでもある

バケモノの子(細田守監督)「心の闇」の正体を考える。誰にでもある



どうも、うにょらーです!(@unyora3)
 

今日も、
手乗りサイズ~子持ちサラリーマンの金策備忘録~
にお越しいただきありがとうございます。
 





今回は映画「バケモノの子」の中でも重要なテーマ「心の闇」について考えていこうと思います。


賛否両論の特に多いと感じる作品ですが、私自身は共感する部分も多く、好きな作品のひとつです!

その中でも重要なテーマについて考えたことを書くことで、あなたにも「バケモノの子」を好きになっていただければと思います!


うにょらー

知らなかった人には好きになってもらい、
好きだった人にはより好きになってもらいたい!


 

スポンサーリンク





 

バケモノの子(細田守監督)のざっくりあらすじ、ネタバレ



バケモノの子(細田守監督)「心の闇」の正体を考える。誰にでもある


人間の子「蓮」はひょんなことからバケモノの世界に迷い込んでしまう。
そこで出会った「熊徹」に「九太」と名付けられ、時には師弟、時には親子のように過ごしていく。


17歳になった九太は人間の世界での出会い、実父との再会を経て人間の世界に戻ることにあこがれを持つが、それを不快に思った熊徹とケンカ別れをしてしまう。
そんな中、熊徹はバケモノの世界の長を決める戦いに臨む。



色々と考えながらも、熊徹の応援のため九太は1度バケモノの世界に戻る。
その道中、熊徹の対戦相手の息子「一郎彦」に襲われる。



熊徹の戦いは序盤こそ熊徹が有利に戦うが、終盤、形勢が逆転し熊徹の負けが濃厚になる。

そんな中、九太が会場に現れ熊徹に活を入れる。
九太の声援を受けた熊徹は、一撃で勝利をもぎ取り、次の長となった。


次の瞬間、熊徹の背中に刀が飛んできて突き刺さる。


刺したのは対戦相手の息子、一郎彦だった。
一郎彦は「心の闇」に飲み込まれていた。

熊徹を刺された九太もいっとき心の闇に飲み込まれそうになるが、人間界で受け取っていたお守りで事なきを得る。


熊徹が瀕死の重傷で寝込む中、一郎彦も人間であることが明かされる。


人間界にいった一郎彦を追いかけ、九太も人間界に戻る。
そこで一郎彦がクジラに姿を変え騒ぎを起こす。


自身の心の闇を自覚した九太は一郎彦を道連れにし、事態の収束を図る。


その時、九太の前に一本の燃える刀が現れる。
それは熊徹が九十九神(つくもがみ)に姿を変えた熊徹だった。


その刀は九太の中に取り込まれ、九太の心の闇を埋めていく。


熊徹が九十九神になる前に言った言葉。


俺ぁ半端モンのバカ野郎だが、それでもあいつの役に立ってやるんだ。
あいつの胸ん中の足りねえもんを、俺が埋めてやるんだ。
それが、半端モンの俺にできる、たった1つのことなんだよ!




そうして熊徹とひとつになった九太は一郎彦の心の闇を切り裂く。


熊徹を失った九太だったが、もう心の闇はない。
人間界で暮らすことを決め、実父とともに暮らしていく…




以上がざっくりあらすじ、ネタバレです。
もっと簡単にまとめようと思ったのですが、大事なことが多すぎてまとめられないですね。



 

スポンサーリンク





 

バケモノの子「心の闇」の正体を考える。



バケモノの子(細田守監督)「心の闇」の正体を考える。誰にでもある1

虚栄心や恐怖心、自尊心?



人間の良くない感情が「心の闇」であることは明白です。

しかし、作品内の「心の闇」が何かは見た人によって違うと思います。
ですので今回は私の考えを書きたいと思います。

主題歌の中にこんなフレーズがあります。

あいつの正体は虚栄心?

失敗を恐れる恐怖心?

持ち上げられ、浮足立って、膨れ上がった自尊心?


「starting over」
唄:Mr.Children
作詞作曲:桜井和寿



これもヒントかと思います。


どれも一般的にはあまりよくない感情(心)であるようにとらえられています。
一郎彦の「心の闇」はこのあたりかと思います。


次の長の筆頭候補としてあげられる父。

幼少のころから優秀だともてはやされたことにより、できた自尊心。

自尊心ゆえ失敗を恐れ、周りと姿が違うことを恐れる恐怖心。

それを隠そうと自分を良く見せようとする虚栄心。




不安や嫉妬、怒りなどの感情が貯まっていき、自分ではどうにもできなくなった時に現れるのが「心の闇」かと思います。



九太の場合も「人間に生まれ、バケモノとともに生活した」ことによって、どちらにも完全になじむことができない。

本当の自分を理解してくれる人も、ともにいてくれる人もいないのではないか。
そんな不安、迷いからくる恐怖心や虚栄心。

最後は熊徹が刺されたことによって怒りが爆発し、「心の闇」が現れてしまったのかと思います。


心の闇は誰にでもある。でも…



バケモノの子(細田守監督)「心の闇」の正体を考える。誰にでもある3

私には確実にあります。



誰でもやっぱり心の闇はありますよね。
見栄をはりたくなるし、何かしらに自尊心は持っている。
なににおいても失敗したら…と不安になる。


当たり前のことだと思います。


しかし、私はこの物語で描かれた熊徹によって

うにょらー

心の支えって大事なんだ



と感じました。

絶対に味方でいてくれる人がいる。
いつも隣にいてくれる人がいる。



それってすごいことですよね。
私には妻も子どももいます。
その家族にとっての心の支えになれるよう態度、言動で示していきたいと思います。

 


 

バケモノの子(細田守監督)「心の闇」の正体を考える。誰にでもあるのまとめ



いかがでしたでしょうか。


私にとっての心の闇は

・虚栄心

・恐怖心

・自尊心


でした。


あなたの考えとは違うかもしれません。
もし機会があれば私にあなたの考えを教えてください!

うにょらー

考えを言えるってことは、この映画好きですもんね!





それでは、以上で


バケモノの子(細田守監督)「心の闇」の正体を考える。誰にでもある


についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!


では!

スポンサーリンク






ABOUT ME
うにょらー
学生時代には粉砕骨折や靭帯の断裂、 社会人になってからは双極性障害(躁うつ)を経験した 「うにょらー」です! 子どものためお金稼ぎに奮闘します!