エンタメ

時をかける少女のあらすじとネタバレ!細田守版(金曜ロードショー)

ジブリ・映画などについて書いた記事まとめ



どうも、うにょらーです!
 

今日も、
手乗りサイズ~子持ちサラリーマンの金策備忘録~
にお越しいただきありがとうございます。
 



 

今回は金曜ロードショーでも放送される細田守監督作品のアニメ「時をかける少女」あらすじ、ネタバレを書いていきます!
この記事を作成する理由としては、
・私は細田守監督作品が好き(サマーウォーズとか…)
・この映画の曲が好き(奥華子さん)
・なによりこの映画が好き

以上の理由からです。
つまり、好きなんです。笑

 

では、記事を書いていきます。
あなたにも好きになってもらえるよう頑張ります!


 

スポンサーリンク





 

時をかける少女のあらすじ!


 

時をかける少女のあらすじとネタバレ!細田守版(金曜ロードショー)1

 

ここに来てくださっている方の大半があらすじorネタバレが目当てかと思いますので、まず書いてしまいます!


紺野真琴は人より秀でたものがあるわけではない普通の女子高生。2人男の親友 千昭、功介と日々を楽しく過ごしている。

あらすじ

真琴はあるきっかけをもとに不思議な体験をして以降、タイムリープ(時間跳躍)できるようになる。
その力を使って日々を楽しく生きる真琴だが、ずっと続くと思っていた日常がある告白から崩れていき…
大事な人を救うため、真琴はタイムリープする。



ネタバレは読みたくない方用にこの下にまとめます。


 

時をかける少女のネタバレ!

ネタバレ

ある日真琴は理科実験室で誰かに驚いた拍子に転び、光るクルミに腕をぶつける。
その瞬間不思議な世界を目にするが、怖くなりそこから逃げ出してしまう。




その日真琴は自転車で叔母のもとに向う下り坂の途中、ブレーキが壊れていて電車の来ている踏切に突っ込んでしまう。



しかし、気が付くと真琴は坂の上にいる。
何が起こったのか理解できないまま改めて向かった叔母のもとで、叔母に自分が体験したことを話す。
すると特に驚くこともなく、それが「タイムリープ」だと教えられる。
それを疑っていた真琴だが、妹に食べれらたはずのプリンが食べられる前に戻ったことからそれが本当に起こっていることだと知る。



タイムリープの力が本物であること、使い方を知った真琴は日常の些細なことに力を使う。
抜き打ちテストの内容を把握してから時間を戻って予習、カラオケの時間終了間近にタイムリープで戻り始めから堪能するなど…
ちょっとしたついていない事をやり直すことで、日々を自分の楽しいものへと変えていった。



そんなある日、親友の功介が後輩の女の子に告白される。
しかし、功介は勉強を理由に断る。
今度は千昭が真琴に突然告白をする。



今の3人の関係が大事で、このままでいたい真琴は告白自体をタイムリープでなかったことにする。
その翌日、クラスメートが千昭に好意を持っていることを知る。



同じ日、クラスでちょっとした暴力事件が起こる。
それは過去に真琴がタイムリープを行ったことでいじめが起きていたからだった。
真琴は再びタイムリープをして問題をやり過ごす。
しかし今度は千昭に好意を持っているクラスメートが怪我をしてしまう。
更にはそれをきっかけに親密になる千昭とクラスメート。



自分に告白するはずの千昭が他に目がいっていること、タイムリープを使い始めたころと違い色々とうまくいかず面白くない真琴。
そんななか腕に「90」という文字が書かれているのを見つける。



試験を再びタイムリープで突破する真琴。
腕の数字は50になっていた。



そんな中、功介が後輩の女の子を振った理由の「勉強」には自分が抜き打ちテストでとった点数が関係していることを知る。
責任を感じた真琴はタイムリープを繰り返し、抜き打ちテスト前に戻る。
テストで悪い点をとり、更には功介が後輩の女の子の仲を取り持った真琴。
腕の数字は01になっていた。



功介が後輩の女の子を病院に送るため、自分の自転車を使っていることを知る真琴。
しかしその日は自転車のブレーキが壊れていて、踏切に突っ込む日。
不安になり自分が突っ込んだ踏切に続く坂の上に向うが二人は見つからない。
その時千昭から電話がかかってくる。






お前、タイムリープしてね?




焦る真琴はカウントが01となっていた最後のタイムリープを使用し、その質問をやり過ごす。
その直後真琴の横を功介たち二人が自転車で通り過ぎる。
ブレーキが壊れており踏切に突っ込んでいく二人。
しかしもう真琴にタイムリープは使えない。
何もできない真琴は時間よ止まれと必死に叫ぶ。
列車が迫り、真琴は見ていられず目を閉じる。




静寂。




不思議に思った真琴は目を開ける。
そこには時が止まった世界があった。
そして千昭がいた。



千昭は何百年も先の未来からタイムリープをしてこの世界に来ていた。
理科実験室にあった光るクルミは千昭のもので、タイムリープの力がチャージしてあるものだった。
それにぶつかったことで真琴はタイムリープができるようになっていた。
千昭がこの世界に来た理由は未来では失われてしまった「絵」を見るためだった。
だが、決まりとして自分がタイムリープしてきたことを知っている人間の前からは消えなければならない。
真琴が力を使い果たしたせいで未来には帰れないが、真琴の前から消える千昭。
千昭のいない日常がやってきた。


千昭のいない日常。
自分にとって千昭がいかに大きい存在であったかを思い知る真琴。
ふと気づくと腕の数字が01のままだった。




千昭が功介を救うために使った力。
その影響で真琴が最後のタイムリープを行う前に戻っていた。
真琴はもう一度千昭に会うため、すべてを正しくするため意を決してタイムリープする。





そこは、真琴がタイムリープを使えるようになる前の理科実験室。
真琴は千昭のもとに向い、今まであったことを話す。
千昭はすべて理解し、自分がタイムリープしてきたことを知っている人間の前からは消えなければならないと改めて告げる。
今度は未来に帰ることができるため、二度と会うことは出来ない。
そう思った真琴はこらえきれず泣いてしまう。
そんな真琴を千昭は抱きしめ、




未来で待ってる




とささやく。
それに対して真琴も、




うん。すぐ行く。走っていく。




そう答え、二人は別れる。


以上がネタバレです。


 

スポンサーリンク





 


時をかける少女とは?


 

時をかける少女のあらすじとネタバレ!細田守版(金曜ロードショー)

 

順番が前後した気もしますが、「時をかける少女」という作品をおさらいしておきます。

「時をかける少女」
作者:筒井康隆
1967年刊



今回のブログで取り上げている「時をかける少女」の主人公は「真琴」ですが、
原作では自転車で会いに行くことになっていた「叔母(芳山和子)」が主人公です。
もともと「時をかける少女」は同じタイトルでいくつも派生作品が出ており、その大半がどこかしらリンクしています。

それについてはこちらで解説します。
⇒ 時をかける少女の作品一覧と関連は?実写とアニメはパラレルワールド

 

私の感想


 



 

皆さん様々な感想をお持ちだと思うのですが、私のブログなので私の感想を書きます。笑


もともと「タイムリープ」という言葉も「時をかける少女」で生まれた言葉だそうです。
今でこそタイムリープという言葉も耳にしますし、取り扱う作品も増えました。
※一時期木村拓哉さんがタイムリープしてきたのでは?と話題になりましたしね…笑


しかしタイムリープとはハッピーエンドにはつなげ辛いものだなとつくづく思います。

タイムリープすることで過去を改変する。

見た目上+自分的には良くなってもどこかしらには歪があり、それが露呈してからはひとつひとつやり直し(元通りにし)、最後には別れが…というストーリーが多い…
「都合のいいようにしてばかりではいけない」という戒めを作者が込めているのかもしれませんが、なんか寂しさを感じます。
本作も最終的には別れが待っており、更には生きている時代が違うから再び会うことは出来ない…。


うーん。
切ない!



高校生の恋愛がいっきに尊いものになってしまいます!
そんな細田守監督の手腕が好きです。笑

 


 

時をかける少女のあらすじとネタバレ!細田守版(金曜ロードショー)まとめ



いかがでしたでしょうか。
同じタイトルでも違うストーリーが展開される「時をかける少女」。
私もまだすべては見られていませんが、それぞれの違いを楽しむのもおすすめです!


それでは、以上で

時をかける少女のあらすじとネタバレ!細田守版(金曜ロードショー)

についてのまとめを終わります。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

では!

スポンサーリンク






ABOUT ME
うにょらー
学生時代には粉砕骨折や靭帯の断裂、 社会人になってからは双極性障害(躁うつ)を経験した 「うにょらー」です! 子どものためお金稼ぎに奮闘します!