日常

「はじめてのおつかい」親になって感じること。過去にはクレームも?



どうも、うにょらーです!(@unyora3)
 

今日も、
手乗りサイズ~子持ちサラリーマンの金策備忘録~
にお越しいただきありがとうございます。
 





親になってから初めてちゃんと「はじめてのおつかい」を見ました。

以前からほとんど見ていなかったのですが、わが子がじょじょに大きくなる中でみると、感じるものがあります…。


今回はその親になって感じたこと、また過去にあったクレームについても書いていこうと思います!

うにょらー

親バカではいたいけど、バカ親にはなりたくない…

 

スポンサーリンク





 

「はじめてのおつかい」親になって感じること。





我が子のことのように不安…



子どもが生まれてから数年経ちましたが、まともに「はじめてのおつかい」を見たのは今年(2018年)になってからでした。


それまでは何となく、

うにょらー

子どものおつかいをみて、何がおもしろいんだ…?

と思ってあまり見ていませんでした。






が、






頑張れ!


ああ…痛いよね…


店員さん分かってあげようと必死だ…!


などという思いがふつふつと沸き上がり、

うにょらー

私も親、社会人になったんだな…



と自分で感じました。


特に自分の子どもと似たような年齢の子が出るたびに、一喜一憂している自分がいます。

これが、この番組がこれだけ長く続いている理由なんですね。

 

自分で企画するのは困難…?





我が子に挑戦させようと思っても、やっぱり危険が…無理!



番組を見ていて、

うにょらー

我が子にもさせた方が成長につながるのか…?

と思い、危険について考えてみました。

・生活圏内とはいえ、自動車等の危険が多い

・不審者の目撃情報はどこにでもある

・近年、人と人とのつながりが希薄なため迷惑がられる&万が一に助けてもらえない



いくらすぐ後ろでついていったところで、万が一の際には間に合わない可能性が高いです。

そう考えると自分で企画し、我が子に初めてのおつかいをさせるのは無理だろうと考えます…。


番組を見ていても、カメラ持っている人間含め相当な人数が子どものすぐ近くに控えているのが分かります。


「出演してくれている子どもに万が一がないように」


と考えると、あれだけの手がいるとなると、やっぱり難しいですね。


やらせるのであれば企画に参加するのが、1番安全かもしれません。


しかし、興味をもって「はじめてのおつかい」を調べてみると、過去にいくつか大きなクレームがあったことを知りました。



 

スポンサーリンク





 

「はじめてのおつかい」過去にはクレームも





子どもが好き勝手に色々と購入。お金が足りないのにソフトクリームを食べて、店員がスタッフに借りさせる…



2010年に放送された「はじめてのおつかい」で姉妹でおつかいをする際の出来事。

・仏壇用の線香
・湯呑み
・鉦(しょう)をたたく棒
・オヤキ


を買ってくるというもので、普段から買う(使っている)もの、生活圏内でのおつかいという内容。


途中、高級な線香なを購入するなどのハプニングはあったものの、目的の物をちゃんと購入。

しかし、その後おもちゃなど買ってを勝手に買い残金は70円。

妹がねだったため、300円のソフトクリームを注文、支払い前に食べてしまう…。


ソフトクリーム屋のおばちゃんとしてはお金をもらわないわけにはいかないため、子どもたちに向って「あの人から300円貸してもらえるかも」と番組スタッフを指さす…


更には最後オヤキも食べてしまう…



この件では、


親に対して

おもちゃを買ったり、お金がない状況でもソフトクリームを食べてしまう子どもの躾に関するクレーム




店員に対して

・お金があるか事前に確認しなかったことへのクレーム

・人にお願いすればお金がもらえるという勘違いをするような指示を出したことへのクレーム


など、様々なクレームがあったようです。


確かに状況を考えると、クレームは必然かのように思います。


「お金」の大切さを知る、達成感を味わうための企画で、
お金を軽視し、目的も達成できていないので…




実際我が子が同じことをしてしまったら、

「子どもだから仕方がない」

では済ませられないと思います。

そこをそれで済ませてしまったら、私はただのバカ親です。


やはり多少大きくなってから、ちゃんとお金の大切さを教えてからでないと実行は難しいですね…

 




 

「はじめてのおつかい」親になって感じること。過去にはクレームも?のまとめ



いかがでしたでしょうか。


子どもがいる方はきっと私のようにハラハラしながら見ていたのではないでしょうか?


例え子どもが大きくなっていても、当時を思い出して同じようにハラハラしたかもしれません。笑



お金の大切さ、達成感、自尊心を育てるであろうこの企画。


企画がなくとも普段からそういったことを学べるよう、父親としてしっかりしなければと思った夏でした。



それでは、以上で


「はじめてのおつかい」親になって感じること。過去にはクレームも?


についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!


では!


スポンサーリンク






ABOUT ME
うにょらー
学生時代には粉砕骨折や靭帯の断裂、 社会人になってからは双極性障害(躁うつ)を経験した 「うにょらー」です! 子どものためお金稼ぎに奮闘します!