日常

粉砕骨折で指を手術。治療、治るまでに経験した痛み。診断は疑え!



どうも、うにょらーです!(@unyora3)
 


今回は私の体験した


粉砕骨折+α


について書いておきます。

うにょらー

※現時点で記事内に傷等の写真はないので安心して下さい!



ちなみにですが、通院が終わるまで3~4年ぐらいかかりました。


そんな中で経験した、

医者の診断は絶対ではない

診断を鵜呑みにせず、体の様子によっておかしい・疑問に思う

むやみに頑張れと励まさない



上記の大切さについて書きたいと思います。


誰もが怪我をしたくてするわけではないですが、怪我をしてからも更に不幸が続く場合もあります。

うにょらー

正直私は最初の病院で治療に失敗しています…



そんな状況とは知らずに良かれと思って

知人

泣きごと言わずに頑張れ!

学校、職場の人間

お前よりつらい人もいるんだから!



などと励まされた日には、正直同じ目にあわせてやろうかとさえ思いました。


 

うにょらー

私の経験が誰かの役に立てばいいな!



 
粉砕骨折の治療期間については、こちらにまとめました!

粉砕骨折の治療期間。最初のミスで指の完治までに時間がかかった話 どうも、うにょらーです!(@unyora3) 粉砕骨折 名前だけでも重傷であろうことが想像できる怪我ですね。 ...



 

スポンサーリンク





 

左手母指MP関節内粉砕骨折後変形治癒+靭帯断裂






なんの呪文だって感じですね…。


私の経験した怪我の診断名です。


簡単に言うと、

お医者さん

指の関節が粉々になって、おかしな形で固まってるね。あと靭帯も切れてるね!



ということらしいです。


学生時代に学校の行事でこんなことになってしまったのですが、怪我をしてからが大変でした…


 

スポンサーリンク





 

学校近くの大き目の病院での診断



粉砕骨折で指を手術。治療、治るまでに経験した痛み。完治はするの?3

最初の病院での診断は「基節骨折(指の単純な骨折)」



学校の行事中の事故だったため、最初に学校近くのそこそこ大きい病院にタクシーで連れて行かれました。


そこでの診断結果は、

お医者さん(A)

基節骨折(指の単純な骨折)です。



との診断でした。


行事中に転ばされ、目の前で指が変な方向に曲がりながら、


「ゴッ」


という感じの音をたてていたので、私としても、

うにょらー

やっぱり折れたか…



程度に思っており、医者の言うとおりの治療を受けようとしました。

治療法:
折れた骨を引っ張って針金を指に差し込んで固定。その上からギプスで固定



しかしそこで病院に駆けつけた母が猛反対。

すぐに治療するのか?


本当にただの骨折か?



医者も面倒に感じたのか、その日は折れた指を引っ張ってまっすぐにして、ギプスをはめて終わりました。


(引っ張った時は男3、女2の計5人がかり)


しかし、この時点でおかしいと気づくべきでした。


普通、ギプスというとがっちり固定して取り外すのに壊さないといけなかったりすると思います。


しかしこの時つけられた物は、


コの字型でまあまあゆるいもの


さらには通院し始めてからは、


毎回ギプスを外してレントゲンや診察を行う


という状況でした。


それほど簡単に外れるギプスです。


そうこうしているうちに骨がとりあえずくっつく3週間が経過。


私の親指はねじれた状態で、1cmくらい長くなって固まっていました


 

スポンサーリンク





 

母の決断で第2の病院(良い病院)に。診断を疑う大事さ!



粉砕骨折で指を手術。治療、治るまでに経験した痛み。完治はするの?4

変形した指を見て母が決断



その変形しながら固まった指をみて、

医者(病院)を変えよう



と母が即断。

他の医者に行くから診断書とレントゲンをくれ



と医者に真っ向から言い、両方入手します。

うにょらー

今考えると、すごい勇気ですよね。


うにょらー

お前の治療は信用ならないから、医者変える!って言っているのとおんなじですもんね。



それを持って大学病院に行き、長い待ち時間を経て初診を受けます。


 

すぐ手術をしないともう動かない



初診担当は背骨が専門だという先生。


診断結果は、

お医者さん(B)

…これは。コナゴナになった上、変に固まってる。


お医者さん(B)

指の専門じゃなくても分かる。これはすぐ手術しないともう動かない。



見た目の通り、変形してくっついていたようです。


間接の場合、スムーズに動くように骨が球状になっているそうですが、


その球の部分が砕け、ガッタガタな状態でくっついていました。


ガタガタすぎて、スムーズに動かせないどころでなく動かないレベルだったようです。

うにょらー

ここまでとは思っていなかったので、私も母も愕然。


大学病院などでは、町の病院と違い各部位ごとに専門医がいたりします。
整形外科の専門医が、初診を持ち回りで担当しているようです。
その初診を終えたあと、各専門医に振り当てられます。



 

スポンサーリンク





 

担当医師の診察、即手術



粉砕骨折で指を手術。治療、治るまでに経験した痛み。完治はするの?2

とにかく早く手術



そこからはあっという間で、私正直あんまり覚えていません。

手専門の先生の診察受ける

背骨の先生と同じ診断

これは一刻も早いほうがいい

先生(お医者さんC)がたまに診療している他の病院で手術室を押さえる

入院

手術




うにょらー

本当にあっという間でした…



手術の内容としては、

・ガタガタで固まった骨を砕き直す

・2cm弱の釘を3本使い成形しながら骨を固定

・縫う(8針)



という手術でした。


手術時間としては5~6時間ほどだったと思います。


全身麻酔で行っていたので、私としては一瞬です。



 

スポンサーリンク





 

リハビリ(治るまでに経験した最大の痛み)→再手術





テレビでよく見るように、固まった関節を折り曲げる



そこから3週間ほどで骨が最低限固まったので、ギプスを外し、リハビリ開始です!


手術前の前の病院での治療期間を含めると、普通の倍の期間指を動かしていません。


当たり前ですが、指がまったく動きません。


手も、手首も右手に比べると3回りぐらい細くなっています。

うにょらー

これは本当に自分の指か?


うにょらー

親指のところに別のものがついているんじゃないか?



などと思うほどには自分の意思で動かせません。

うにょらー

簡単に言うとただの棒です



そこをテレビでよく見るような強引に曲げて、動かしてを繰り返し動くようにしていきます。


ギプスを取ってから一番最初に、先生が全力で指を曲げるのですが、これが今までに体験したことのない痛みでして、


簡単にいうと折った時の数百倍痛い


と私は感じました。

うにょらー

あれは本当に痛かった…



さらには手首も固まっているらしく、何をするのも大変です…


しかし痛いからと動かさずにいると、更に骨の硬化が進み、痛いどころではすまなくなるのだそうです。


なんとかしようと、お風呂などで温めては自分で指を折り曲げる日々です。


 

スポンサーリンク





 

釘入ったままだと、転んだりぶつけたときにまたコナゴナになる



数ヶ月のリハビリを乗り越え、やっとぎこちなくも普通に日常生活を送れるようなりました。


そこまで到達してから、


再手術


を行うことになりました。


先生曰く、

お医者さん(C)

釘が入ったままだと、転んだりぶつけたときの不安がある



とのことで、


指に衝撃を受けたときに釘を基点に再び砕けてしまう可能性があるそうです。


年配の方の場合、激しく動くこともないし、再手術の負担の方が大きいのでそのままにすることもあるらしいのですが…


今後も運動をするような若い人は入れっぱなしにしないほうが良いらしいです。


というわけで、また手術。

・釘を抜く

・縫う(6針)



今回は、手術の都合や直りを考慮し、局所麻酔です。


痛みはないですが、触られている感覚などは残っているため、


電動工具みたいなもので、ぐりぐりと釘を引き抜いている


というのが分かります。


手術後は骨に穴が開いている状態なので、また3週間ほどギプスで固定します。

うにょらー

要するに、またリハビリです



 

スポンサーリンク





 

リハビリ完了!と思ったら、再々手術





普通は骨が折れたら靭帯は切れない…はず…



2回目の手術も終わり、再びの痛みにも耐え

うにょらー

やっと治ったー!



と思っていました。

うにょらー

そのときまでは。



不安は残っていましたが、日常生活を問題なく送れるようになってしばらくしたころ、

うにょらー

指先がプランプランしてる…?



ドレッシングを振ったとき、なんだか親指がプラプラしている感じ。


遅れて動くような感覚があったので、先生に相談してみました。


結果、靭帯が切れていました。


先生曰く、

お医者さん(C)

骨が折れたら靭帯は切れない、靭帯が切れたら骨は折れないのが普通。


お医者さん(C)

思いっきりぶつけた後に、思いっきり捻ったりしないと両方は痛まない。



とのことです。


なので、靭帯が切れているということは想定されておらず、手術部位からも若干外れているので気づかれなかったそうです。

うにょらー

(…前の病院で引っ張られたから?と思ったのは内緒。)



靭帯の再建にあたり、提示されたプランは以下

・手首の靭帯を切り取り、指に移植

・幸運にも切れた靭帯がどこかにくっついて無事ならそれを使用



靭帯と言うものはゴムのような性質を持っているので、劣化していたら使えないそうです。


なんにしてもプラプラしているのは気持ちが悪いので、手術してもらうことに。


とりあえず指もう一回開いてみる

・運よく無事に残っていた靭帯を繋ぎ直し

・縫う(5針)



今回も固定して、もう一回リハビリ!

うにょらー

入院中珍しい症例だからか、教授っぽい人と研修医10数人が病室に来たのは恥ずかしかった…



今度こそやっと治療終了です!


(今でもちょっと指曲がってるけど…笑)


余談ですが、靭帯が切れているか確認するために造影剤を指に注射で入れるのですが、


これまたクッソ痛かったです。

うにょらー

なんか指が内側から、メリメリメリッってなる感じ。



 
治療中に必要&便利なものについて厳選しました!
ぜひご覧ください!

「指の粉砕骨折」治療中に役立ったもの3選+握力リハビリ用品1選!
「指の粉砕骨折」治療中に役立ったもの3選+握力リハビリ用品1選! どうも、うにょらーです!(@unyora3) 以前私が左手の親指を粉砕骨折をしたことを書きました。 https:...

 

スポンサーリンク





 

本当の意味で完治するか、治療中に出会った私の心の支え(恩人)





関節は一回折ったら完全には治らない



先生から最後言われたのが、

お医者さん(C)

関節は一回折ったら元通りには直らない。どうしても無理がでて老化による劣化は早くに出始める。



とのことでした。


先ほど少し書いたように、


間接は球状になっていることから、今の技術では完全に元通りにはできないそうです。

うにょらー

コナゴナからの変形治癒の私の指ではなおさらですね。



そんな転院やらリハビリやら大変だった(と思われる)私ですが、


ある出会いのおかげ


で頑張りきることができたといっても過言ではありません。


一番最初に書いたように、下手な励ましをしてくる人間が結構いっぱいいました。

周りの人間

お前より大変な人はいっぱいいる


うにょらー

じゃあ、お前も同じ経験させてやるよ



実行はしませんでしたが、本気で思ったこともあります。

恩人との出会いで、前向きに



そんなときに出会った、ある男性。


それは最初の手術が終わり、診察に通った際に出会いました。


その方は糖尿病を患っており、


手の指10本中5本の第一関節~第二間接がありませんでした。


お互い診察待ちしているときに少し会話をした程度でしたが、こう声をかけてくれました。

恩人

指があるんだからどうにかなるよ!俺なんかないもん!(大笑い)


恩人

診察っていったって、ちょっと様子見てもらったあと、自分で流しで手を洗う(消毒)するだけだもん!(大笑い)



それだけ?と思われるかも知れません。


でも、その方はすごく明るく、なんでもないことのように自分の指のことを話してくれるのです。

うにょらー

あれは、すごく勇気をもらった。


自分がなにかしでかしてしたわけではない怪我。

さらには最初の治療もはずれで、もう動かないとすら言われた。

他でもない自分の体、何とか直そうと必死に頑張っている。



そんな精神状態のなか、なんの怪我もしてない人間に

周りの人間

頑張れ!お前よりつらい人もいるんだぞ!



といわれても、

うにょらー

頑張ってるわ。お前に何が分かる。



となるのは必然だと思います。


頑張りも、痛みも本人にしか分かりませんから。


そんななかで、


明らかに自分より大変な状況の方が、自分より明るく頑張って生活している。


なんだか喝を入れていただいた気がしました。


この方との出会いがあったから、前向きに治療に取り組めたと思います。



 




 
治療中に必要&便利なものについて厳選しました!
ぜひご覧ください!

「指の粉砕骨折」治療中に役立ったもの3選+握力リハビリ用品1選!
「指の粉砕骨折」治療中に役立ったもの3選+握力リハビリ用品1選! どうも、うにょらーです!(@unyora3) 以前私が左手の親指を粉砕骨折をしたことを書きました。 https:...

 

スポンサーリンク





 

粉砕骨折で指を手術。治療、治るまでに悪い病院→良い病院に移った話のまとめ



聞いていてあまり気持ちのいい話ではなかったかと思います。


今回のこの経験から私が得た教訓をまとめてみます!

・病院の診断は絶対ではない!(が、信頼できる先生もいる)

・間違った治療をされてしまうと直るまで長くかかるor直らなくなる

・必要なら自分(子ども)のために医者を変える

・むやみやたらに励まさない(でも寄り添ってくれることは嬉しい)

・リハビリも何度か経験すれば、慣れる

・怪我をしない!

・私の記事を読んで「あいつよりはまだましかな?」と思う



以上を学びました。


特に最後!


私の記事を読んで「あいつよりはまだましかな?」と思う


私のことを下にみて一向に構いません。


自分がまだましかも知れないと思えるだけで、少しは前向きでいられます。


もし今後要望があれば現在の傷の写真を載せますが、誰も見たくないと思うので今は載せません。


もしこの記事を読んでいるのが、怪我された方の親御さんだったなら、


お子さんを励ますんではなく、寄り添ってあげて下さい。


自分が親になった今でも、私の母親のように医者にかかった子供の診断結果を冷静に受け止め、おかしいと思えるか分かりません。


ですが、まずは多少なりとも疑ってかかる必要もあるという認識だけはもっていきたいです。


そしてなにより、一番辛い思いをしている子どもと辛さを共有していければ…と思います。

うにょらー

そして改めて見直すと私の母すごいな…



あ、粉砕骨折は皆さんの思っているほどコナゴナじゃない場合もあります。


きっとイメージ的には


「粉砕骨折=皆さんの思ってる複雑骨折」


「複雑骨折は開放骨折」
です。


一箇所だけ折れてても骨が飛び出てたら複雑骨折です。




それでは、以上で


粉砕骨折で指を手術。治療、治るまでに経験した痛み。完治はするの?


についてのまとめを終わります。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

では!

スポンサーリンク






ABOUT ME
うにょらー
学生時代には粉砕骨折や靭帯の断裂、 社会人になってからは双極性障害(躁うつ)を経験した 「うにょらー」です! 子どものためお金稼ぎに奮闘します!