日常

「勉強ツール」アプリやwebサービスで英単語を効率的に勉強!


どうも、うにょらーです!
 

今日も、
手乗りサイズ~子持ちサラリーマンの金策備忘録~
にお越しいただきありがとうございます。
 


 

最近は様々なアプリ、webツールが出てきてありがたいですね。
家計簿や効率化ツールなど様々私も利用しています!
そんな中で今「勉強ツール」がアツいらしいです!!
私も色々と勉強しなければいけないので、調べてまとめておこうと思います!

学生だけでなく大人にも有効らしいので、ぜひ確認してみてください!


 
 
 

スポンサーリンク

英単語「勉強ツール」アプリやwebサービス3選



Anki


アメリカの医大生にも人気のwebツール。
英単語を「忘却曲線」のモデルに沿って復習をさせてくれるので有効なフラッシュツール。
覚えにくいものは頻出し、簡単に覚えたカードは忘却曲線に沿って時間を空けて出題してくれる。

「これでTOEICを高得点とった」という方もいるので実績もあるようです…!
私は英語が本当に苦手なので、これを導入しようと計画中です!
忘却曲線に基づいているという時点で、もう効果的な気がしてきます…笑
  

モノグサ


東大の卒業生にも人気のアプリ。
暗記に特化したアプリ。
「知識のオープン化」「暗記の最適化」で力がつけられる。
世界中のユーザーが作成した単語帳を使い、自分に最適の単語帳を見つけることができる。
更には自分の学習状態に合わせてアプリが問題を作成するので、形式や難易度が最適。

このアプリも導入しようと思っているやつです。
自分に最適化された問題を解くことで、効率的に力がつくのが容易に想像できるので、良さそうです…!
他の人が自分のため&人のために作った単語帳を使うことで、ほかの人と一緒に勉強している気分にもなるので、継続にも効果がありそうです…!
 

 

mikan


覚える、テスト、復習を早いサイクルで繰り返すことにより、習得を促すアプリ。
時間があまりない人や、スキマ時間にも勉強したいという方に人気。
早いサイクルで繰り返すものとなっているので、ゲーム感覚で使っているという人も。

現時点で私は導入を悩んでいるツールです。
私もサラリーマンですし、スキマ時間はブログの記事作成を行っているので勉強するなら「がっつり」時間をとってかと思っています。
ですが、時間が取れない場合はおそらくこのアプリが最適なんだと思っています。

 
 
 

 

スポンサーリンク

「勉強ツール」アプリやwebサービスで英単語を効率的に勉強!のまとめ


いかがでしたでしょうか。
正直私は学生の頃から英語が苦手で、あまりいい思い出がありません…。
しかし、社会人になって

「英語できるとべんりだなぁ」
「英語必須の企業おおいなぁ」

と痛感しています。

今からでも遅くない(と思って)勉強を始めようかと思います。
今回紹介した3つのうち2つをとりあえず導入したので、時間を見つけて勉強してみたいと思います。

…早く翻訳ツールだけで仕事できるようにならないかなぁ


それでは、以上で
「勉強ツール」アプリやwebサービスで英単語を効率的に勉強!
についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

では!

 

スマホ代にお悩みなら、楽天モバイル!

少しでもスマホ代を抑えたい。
誰しも思うことです。
そんなあなたに、楽天モバイル!



私は楽天モバイルで契約していますが、

・各通話10分無料
・速度制限時も最大1000Mbps


それでいて、私のスマホ代は、
月額1000円!
今一番選ばれてる格安simのひとつ、
ぜひ検討してみては?