節約

データセーバー(chrome)で通信容量削減!デメリット、注意点は?

データセーバー(chrome)で通信容量削減!デメリット、注意点は?


どうも、うにょらーです!

今日も、
手乗りサイズ~子持ちサラリーマンの金策備忘録~
にお越しいただきありがとうございます。


データセーバー(chrome)で通信容量削減!デメリット、注意点は?



今回はGoogle Chromeの機能データセーバー」について紹介します!



Androidのスマホには基本的に標準で入っているブラウザアプリ、「Chrome
最初から入っているからなんとなく使ってる…という方が多いのではないでしょうか。
そういえば、ブラウザにこだわってる人って最近あんまり見ませんね…

あまり知られていないこの「データセーバー」という機能ですが、この子の設定を変えるだけで通信容量を節約することができます!
今の通信容量超過による速度制限地獄を回避するのに一役買ってくれますよ!


ぜひあなたも活用して、通信容量の節約、果ては料金の節約に活かして下さい!

 

スポンサーリンク





 

データセーバー(chrome)を設定して通信容量削減



速度制限対策の小技!格安スマホならブラウザアプリはOperaを使う!3


設定方法


Chromeを開いて右上の「…」※向きは縦をタップ
  ↓
設定
  ↓
データセーバー
  ↓
ONにする


おしまいです。
簡単ですね!笑

 

なぜ容量が節約されるの?



これはネットでどこかのページにアクセスした際にGoogleを経由しデータを圧縮しているからです!

どういうことかというと、

通常
ネットのページ→あなたのスマホ


データセーバー
ネットのページ→Google(写真等圧縮!)→あなたのスマホ



上記のような流れになるので通信容量が節約されます!
更には上に貼った写真のように節約したデータを数値で確認もできるので、「おお!私、節約してる!」という気分を味わえます。笑

 

その他のメリット



回線が低速での使用時は、圧縮されていることによって表示が早くなることも!
一度Googleを通すことによって、不正サイトにアクセスした場合は警告してくれることも!



もっと容量を圧縮したい!画像の劣化や表示がちょっと崩れるぐらいなんてことないよ!
という方にはOpera miniというブラウザアプリがおすすめです。
紹介した記事がありますので、そちらをご覧ください。
⇒ 速度制限対策の小技!格安スマホならブラウザアプリはOperaを使う!


 

スポンサーリンク





 

データセーバーのデメリット、注意点は?






画質が劣化するかも…



これは当たり前といえばそうなのですが、一度圧縮をかけているので画像などは粗くなります。
通常の視聴では一切気にならないレベルですが、大事な写真などをダウンロードするときにはクロームのデータセーバーはおすすめしません。

サイト等作成する方には向かない



詳しい説明は割愛しますが、圧縮とともにキャッシュなどを利用してデータ通信容量を削減しているので、更新したページがちゃんと表示されない場合があります。
簡単なイメージで説明すると、
「旅行で写真を撮ってくる。それを見ることによって旅行に行った気分を味わう!でも現地で建物が変わったり風景が変わっても、写真なのでそのまま…」

旅行=ネットでサイトにアクセス
写真=キャッシュ
建物や風景の変更=ページの更新

という感じです。

 



 

データセーバー(chrome)で通信容量削減!デメリット、注意点は?のまとめ



いかがでしたでしょうか。
普段使っているものでも設定を変えるだけで、ちょっとお得になったりします!
使う際には注意点やデメリットを知ることも必要ですが、悪い事ばかりではないので、ぜひ活用してみてください!
ちなみに私は1週間で50MB節約していました!


一見すると微々たる量ですが、チリも積もれば…ってやつですね!

それでは、以上で
データセーバー(chrome)で通信容量削減!デメリット、注意点は?
についてのまとめを終わります。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!
では!
 

スポンサーリンク





 

ABOUT ME
うにょらー
学生時代には粉砕骨折や靭帯の断裂、 社会人になってからは双極性障害(躁うつ)を経験した 「うにょらー」です! 子どものためお金稼ぎに奮闘します!