日常

DSDV利用者が選ぶ!DSDV対応スマホまとめ!

DSDV利用者が選ぶ!DSDV対応スマホまとめ!


生活するうえで、もう手放せないスマホ。

あなた
スマホ代を安くしよう…!


とあれこれしていたら、

通信容量が足りない…。

通話料がえげつない…。


そういったことありますよね。

そんなときに助かるのが、

DSDV(デュアルシム デュアルボルテ)

高速通信(4G)のSIMを2枚差しておけて、どっちも使えるという機能です。

うにょらー
こんにちは!
DSDV利用中、
うにょらー(@unyora3)です。



わたしの場合は、

・au
 通話用


・楽天モバイル
 データ通信用



という使い方をしています。

auのキャリアSIMでDSDVを実現!ZenFone 5で契約を見直した方法と注意点
auのキャリアSIMでDSDVを実現!ZenFone 5で契約を見直した方法と注意点 どうも、うにょらーです!(@unyora3) auの家族間無料通話を残したい! そんな思いから、auのキャリアSIM...


今回の記事では、実際にDSDV機能を利用している私が、自分で使うために真剣に悩んだ

DSDV対応スマホ一覧

について書いていきます。

もしあなたが、

DSDV機能付きのスマホはどれにしたら…?


と考えているのなら、少しお力になれるかもしれません。


スポンサーリンク

我が家がDSDV端末を選ぶのに重視した点


DSDV利用者が選ぶ!DSDV対応スマホまとめ!

我が家での使用SIMは先ほども書いた通り、

・au
 通話


・楽天モバイル
 データ通信


です。

それに至った経緯や、DSDVの設定についてはこちらの記事をご覧いただければと思います。

auのキャリアSIMでDSDVを実現!ZenFone 5で契約を見直した方法と注意点
auのキャリアSIMでDSDVを実現!ZenFone 5で契約を見直した方法と注意点 どうも、うにょらーです!(@unyora3) auの家族間無料通話を残したい! そんな思いから、auのキャリアSIM...


上記記事にも書かれているように我が家では、

ASUS Zenphone5

を選びました!

そんなDSDV対応スマホを選ぶなかで、

重視した点

について書いていきます。

写真・動画がキレイに撮れること!


我が家には子どもが2人いるのですが、基本的にはスマホで成長記録として写真や動画を撮影しています。

日々成長する我が子。

うにょらー
記録するのならキレイに、できる限り高画質で撮影したいと思うのは当然ともいえます。


だからこそ最も重視したのは、

写真・動画がキレイに撮れることです!

うにょらー
ちなみにですが、撮影した写真・動画はPCにて保存したり、NASにて保存・共有しています。


可能な限り保存容量(ROM)が大きいorSDカードが使えること!


高画質になればなるほど、容量は増えますよね。

うにょらー
動画ともなれば恐ろしい容量です。


だからこそ、容量をあまり気にせず使用できるように

可能な限り保存容量(ROM)が大きい

もしくは

SDカードが使える

ことも重視しました。

主にDSDV端末を使用するのは家内なので、バックアップとか他の保存媒体に移動とかしないで済むようにしたかったのです。


価格を重視する分、性能・機能はそんなに重視していない

子どもが生まれてからは、何を選ぶにも子どもが基準になりました。

だからこそ、スマホのCPUやメモリなんかはあまり重視していません。

うにょらー
ゲームプレイ時の快適性などを求めると、確実に高価な端末になるので。


DSDVにしようと思った理由も、

家族間通話無料のauSIMを残す


ピタットプランの最低料金維持のため、データ通信は別のSIMにしたい



というのが理由なので、基本は

安いのは正義

という感じで選んでいます。


スポンサーリンク

DSDV対応スマホまとめ!


DSDV利用者が選ぶ!DSDV対応スマホまとめ!

ここからは、私がDSDVスマホを選んでいく中で、

うにょらー
これなら…!


と思った端末をあげていきます。

先ほど挙げた項目を重視し、ある程度数を減らしてから選んだので、

全DSDV対応端末を評価・比較はできていません。

うにょらー
申し訳ありませんがご了承願います。


※記載しているスペックはメーカー公式より引用させていただいております。

ASUS ZenPhone5


まずは私が実際に購入した、

ASUS ZenPhone5

→ 公式サイト


スペックは以下の通りです。

ディスプレイ
6.2型ワイド Super IPS+液晶 (LEDバックライト)
2,246×1,080ドット (フルHD+)

プロセッサー
CPU: Qualcomm® Snapdragon™ 636 (オクタコアCPU)
GPU: Adreno 509

メインメモリ
6GB

内蔵ストレージ
64GB

アウトカメラ
1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)

インカメラ
800万画素カメラ内蔵

SIMカードスロット
nanoSIMスロット×2
※ SIM1/SIM2のnanoSIMカードスロットはともに、4G/3G/2G回線の接続に対応しています。
※ nanoSIMカード(SIM2)とmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用することはできません。

センサ
GPS(GLONASS、BeiDou、Galileoサポート)、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサー、NFC

インターフェース
指紋センサ電源ボリュームマイクロホン/ヘッドホン・コンボジャックスピーカーUSB Type-C

バッテリー
3,300mAh
Wi-Fi通信時: 約15.7時間
モバイル通信時: 約14.2時間
連続通話時間: 約1,530分 (3G)、約1,500分 (VoLTE)
連続待受時間: 約380時間 (3G)、約495時間 (VoLTE)



決め手になったのは、

・カメラの性能
・保存容量
・本体価格



です。

アウトカメラ
1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)


内蔵ストレージ
64GB




そして大事な価格。

私はこれを楽天モバイルで購入したのですが、

楽天モバイルで通話SIMとともに注文したところ期間限定ですが、

¥39980

で購入できました!

音声SIM自体はZen Phone5ではなく、私が使っているスマホで使うことにし、

Zen Phone5用に追加でデータ通信SIMを契約しました。


音声SIMの方も、

通信容量2GB
各通話10分無料



それでいて、月額1000円は素晴らしいです…!

【月額1000円】格安SIMを楽天モバイルに決めた理由と口コミ!au→mineo→楽天モバイルと移った私を惹きつけた料金と速度
【月額1000円】格安SIMを楽天モバイルに決めた理由と口コミ!私は楽天モバイルに契約を変更して、スマホの月額が8000円→1000円になりました。通話無料もついて。格安SIMならどれでもいいわけじゃない。ちゃんと考えて変更しました?...


うにょらー
…話が脱線しました。


ASUSという知名度のあるメーカのスマホなので、音声通話SIMとであれば安く購入できるところも多いのでおすすめです!

実際に使用してみた感覚としては、

写真は動画はもちろんキレイ
メモリ(RAM)も十分で処理も早い
画面の発色もキレイ



と大満足です!

初期設定・DSDVの設定も簡単なので、「悩んだらこれ」にしておけば間違いないです!



OPPO R15 neo


Zen Phone5と最後まで迷ったのが、

OPPO R15 Neo

→ 公式サイト


先にスペックを書き出しておきます。、

OS
ColorOS5.1

ディスプレイ
6.2インチ
解像度
1520×720

プロセッサー
CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 450

メモリ
3GB/4GB

内部ストレージ
64GB(256GBまで拡張可能)

アウトカメラ
 1300万画素+200万画素デュアルカメラ
インカメラ
 800万画素

SIMカードスロット
nanoSIM×2
microSD card×1

バッテリー
4230mAh



この商品の何に惹かれたかというと、本体の容量はもちろんですが

SIMカード2枚+SDカード

という構成ができる点です!

DSDVの端末の場合、

SIMカードを2枚挿入する
SIMカード1枚とSDカードを挿入する



どちらかしか選べないものがほとんどです。

でもこちらのOPPO R15 neoは

うにょらー
全部させるんです。


SDカードを使えるというのは、容量を気にしなくていいだけでなく、

写真のバックアップやPCへの保存が簡単

という点がありがたいです。

スマホ自体をUSBケーブルでつないでデータを吸い出したり、Googleフォトを使って共有することもできるにはできますが、

吸い出している間の長時間スマホを持ち運べない

Googleフォトを容量無制限で使用するにはデータを圧縮(画質劣化)させないといけない



という問題があり、私的にはイマイチなのです…。


そんな素晴らしいOPPO R15 neoですが、選ばなかった理由としては、

OSが独自のもので、更新されない(らしい)

という点です。

皆さんも聞いたことはあると思いますが、スマホ(iPhone以外)はほとんどが

Android



というOS(スマホやPCを動かすためのソフトウェア)を使っていることがほとんどです。

でもこのOPPO R15 neoは独自のOSである

Color



というOSを使っています。

これがあまり評判が良くなく、

絶妙に使いづらい


とよく書かれています。

また基本的にはOS更新(バージョンアップ)がされないため、長期間使うのには適さないと考えています。

うにょらー
でも、この容量・機能でえげつないほど安い…!



最後の最後まで悩みました…!

こちらも多くの格安SIM会社がセット割引を実施しているので、

あなた
とにかく安くDSDVが使いたい!
あなた
とにかく容量(ストレージ)が欲しい!


上記のように重視しているかたには、自信を持っておすすめできます!



HUAWEI nova lite 3


私がZen Phone5を買ってから発売された子。

うにょらー
断言しましょう。


HUAWEI nova lite 3が発売されていたら、私はこの子を選んでいたと。

→ 公式サイト


まずはスペック

ディスプレイ
6.21 インチ
2340×1080
TFT液晶

プロセッサー
CPU:HUAWEI Kirin710 オクタコア

メインメモリ
3GB

内臓ストレージ
32GB

アウトカメラ
約1300万画素+200万画素

インカメラ
1600万画素

SIMカードスロット
nanoSIMx2

センサー
加速度,コンパス,環境光,近接,指紋認証

コネクティビティ
Wi-Fi 802.11 b/g/n 準拠 2.4 Ghz
Bluetooth 4.2*1
USB 2.0 Micro-B

バッテリー
約3400mAh


様々話題になっているHUAWEIさんですが、私的には全く気にしてません。

うにょらー
給与の安い私には、安くて高機能なものほど嬉しいからです。

給与をブログで公開する!結婚して子どもが産まれて、薄給になった私。
給与をブログで公開する!結婚して子どもが産まれて、薄給になった私。 どうも、うにょらーです!(@unyora3) 「薄給」だからブログや資産運用を始めた私。 いくらそう書いていても...


だからこそ、

HUAWEI nova lite 3

が出ていたら、まず間違いなく購入したといえます。

カメラの性能が高いことでも有名なHUAWEI、画素数も1300万画素な上、ダブルレンズでボカシ撮影なんかもできる。

メモリ、ストレージは若干心もとないものの、

機能と価格のバランスが最高だと思います。

うにょらー
もうちょっと早く発売してくれれば…



Mayumi U1


こちらの製品は私がZen Phone 5の記事を書いてから、ブログに訪れた方に教えていただきました。


国内メーカーの「テスプロ」がクラウドファンディングにより、資金調達をして開発した製品になります。

うにょらー
販売しているのは、子会社の「さくらネット」


→ 公式サイト

スペックはコチラ

ディスプレイ
5.9インチ
1520×720

プロセッサー
CPU: MediaTek Helio P23 8コア

メインメモリ
4GB

内蔵ストレージ
64GB

アウトカメラ
1,500万画素+500万画素
1600万画素

インカメラ
800万画素カメラ内蔵

SIMカードスロット
nanoSIMスロット×2

センサ
GPS、GLONASS Sensors、P-Sensor、L-Sensor、Accelerometer、Gyroscope、Geomagnetic Sensor、NFC

インターフェース
指紋センサ、マイクロホン/ヘッドホン、ピーカーUSB Type-C

バッテリー
3250mAh

対応バンド
■対応バンド■
 2G : GSM 2 /3 /5 /8
 2G : CDMA1X BC0 , BC1
 3G : EVDO BC0 , BC1
 3G : WCDMA 1 /2 /4 /5 /8
 3G : TD-SCDMA 34 /39
 4G : TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
 4G : FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8/12 /13 / 17 /18 /19 /20/25 /26 /28A /28B


amazon販売価格¥32184(19/4/1時点)という低価格なのに、

高画質のデュアルカメラ

36バンド対応(全世界で電波を拾える)

NFC機能つき(おさいふケータイ)



日本国内ではもちろん、出張や旅行をよくされる方でも何の問題もなく使える。

それがMayumi U1です。

うにょらー
正直、早く出会いたかったと思っています。


これはOSがAndroidですので、通常使用には問題ありませんし、なにより

使用してみた評判も上々で、メモリ・容量(ストレージ)等、不便はありません!



スポンサーリンク

今、私が購入するなら…


DSDV利用者が選ぶ!DSDV対応スマホまとめ!

1位 HUAWEI nova lite 3

2位 Mayumi U1

3位 ASUS ZenPhone5

という感じです!

うにょらー
とにかくコスパ!


という頭の私の場合、多少性能が落ちても通常利用が問題なければいいので、

HUAWEI nova lite 3

を選択します。

2019年5月28追記
そう考えていましたが、HUAWEIを取り巻く状況が一変しました…。

現時点で購入をお勧めできるのは

  • ASUS ZenPhone5
  • Mayumi U1

です。
追記お終い



しかし、もしあなたが、

イカロスM

イカロスM

posted withアプリーチ

アズールレーン

アズールレーン

posted withアプリーチ

といった、

ゲーム好きさん
ちょっと重めなゲームもするかも…


ということであれば、悪いことは言いません。

ASUS ZenPhone5

を購入することをおすすめします。

うにょらー
私は家内のZenPhone5を借りてやっているので、問題なくプレイできます!



スポンサーリンク

DSDV利用者が選ぶ!DSDV対応スマホまとめ!記事のまとめ


ここまでDSDV対応スマホを4つ紹してきました。

その中で、「私が今買うならどれか」というのをお伝えします!

今買うのならMayumi U1

  • 筆者はカメラ、ストレージ重視
  • 選んで使っているのはASUS ZenPhone5
  • とにかく安く使うなら、OPPO R15 neo
  • NFC、海外でも使える等、間違いがないのがMayumi U1


・販売中のものからコスパで選ぶと、HUAWEI nova lite 3

→上でも書いたように、huawei自体がおすすめできなくなりました…



数か月ごとに新しいものが発表されるSIMフリースマホ。

もちろん待ってより良いものを買うのもいいと思います。

でも、格安SIMへの乗り換え・同時使用を検討しているのなら早い方がいいです。

なにせ、私はスマホ代月額1000円なので。

【月額1000円】格安SIMを楽天モバイルに決めた理由と口コミ!au→mineo→楽天モバイルと移った私を惹きつけた料金と速度
【月額1000円】格安SIMを楽天モバイルに決めた理由と口コミ!私は楽天モバイルに契約を変更して、スマホの月額が8000円→1000円になりました。通話無料もついて。格安SIMならどれでもいいわけじゃない。ちゃんと考えて変更しました?...

うにょらー
あなたがスマホ代を節約し、より良い未来を迎えられることを願っています!

DSDVスマホを検討するあなたにおすすめする私のイチオシ記事

うにょらー
あなたのお役に立ちそうな記事を選びました!

スマホ代にお悩みなら、楽天モバイル!

少しでもスマホ代を抑えたい。
誰しも思うことです。
そんなあなたに、楽天モバイル!



私は楽天モバイルで契約していますが、

・各通話10分無料
・速度制限時も最大1000Mbps


それでいて、私のスマホ代は、
月額1000円!
今一番選ばれてる格安simのひとつ、
ぜひ検討してみては?