雑記

サンフレッチェ広島の由来から「三」の意味について考えてみる

サンフレッチェ広島の由来から「三」の意味について考えてみる



どうも、うにょらーです!(@unyora3)
 

今日も、
手乗りサイズ~子持ちサラリーマンの金策備忘録~
にお越しいただきありがとうございます。
 


あなたは、


サンフレッチェ広島


をご存知ですか?

Jリーグ発足時に、

・チームの法人化
・ホームタウンの確立
・1万5000人以上収容可能なナイター設備付きの競技場の確保
・18人以上のプロ選手との契約
・下部組織の運営



などの厳しい参加条件をクリアし、Jリーグに参加した


オリジナル10


のうちの1クラブ。


そんなサンフレッチェ広島の「サンフレッチェ」の意味を調べたところ、どうしても「三」が気になってしまったので、調べ、考えた内容を書いていきます!

うにょらー

三って実は良く使われてるんですね…!

 

スポンサーリンク





 

サンフレッチェ広島の由来




安芸の国を治めていた毛利元就の三本の矢より



あちこちで紹介されているので、あなたもご存知かと思いますが改めて紹介しておきます。


「サンフレッチェ(sanfrecce)」という言葉自体は存在せず、造語です。

日本語の三(さん)

イタリア語のフレッチェ(矢の意味)



を組み合わせて作られました。




この直訳すると「三矢」は現在の広島西部を治めていた毛利元就の「三本の矢」にちなんで作られました。

毛利元就


安芸の国(現在の広島県西部)を治めていた領主
もともとは小さな国しか治めていなかったが、様々な権謀術を駆使し、一代で中国地方のほぼ全土を治める領主にまで成長する。

三本の矢


毛利元就が病床に伏しているなか、子ども3人(隆元・元春・隆景)を呼び出す。
1本の矢を簡単に折ってみせたあと、3本の矢を束ねたものを折ろうとするが、折ることができなかった。
そこから、3本まとめれば簡単には折ることはできないから、同じ様に3人結束して毛利家を守って欲しいと伝えたとされる逸話。


息子の隆元の方が先に亡くなっていることなどから、後世に創作されたものと考えられている。





三子教訓状のなかでは、


兄弟が結束して毛利家を治めていくことの必要性


が書かれているため、ここから創作されたものであると考えられている。


その他、三子教訓状の続きが家督を相続した長男(隆元)宛てに書かれており、


・国の外にも、国の中にも毛利家を良いと思っているものはいない

・兄弟の仲を違えば、国は滅亡すると思え



と書かれているなど、様々な権謀術を駆使してきた毛利元就だからこその教訓が書かれている。




サンフレッチェ広島の名前の由来はここから来ており、だからこそクラブスローガンも


「WE FIGHT TOGETHER 一心」


となっております!



ところで、「三本の矢」は息子たちに宛てたからこその数字ですが、他にもいっぱい使われていることをあなたはご存知ですか?



 

スポンサーリンク





 

様々な故事・ことわざ・名詞に登場する「三」



サンフレッチェ広島の由来から「三」の意味について考えてみる

中国の故事、ことわざにまで登場



「三」が登場する故事、ことわざですが私が好きな論語に登場するものにこんな言葉があります。

『論語』三人行必有我師焉


子曰はく、「三人行けば、必ず我が師有り。


其の善なる者を択びて之に従ひ、其の善ならざる者にして之を改む。」と


意味


先生(孔子)が言うには、「三人連れだって行動すれば、必ず自分の手本となる人がいる。良いところを選んでそれに習い、悪いところは改める。」





こういった「三」が登場するもの、実はものすごくたくさんあります。


 

「三」が登場する故事、ことわざ等の例


・早起きは三文の徳
・石の上にも三年
・三度目の正直
・三人寄れば文殊の知恵
・二度あることは三度ある
・三つ子の魂百まで



 

その他の「三」


・三審制
・三振法
・三つ巴
・三角関係
・第三者
・世界三大





このように言葉の中では「三」が結構な頻度で登場しており、なぜ「三」なのか素人なりに考えてみました。


「三」の意味について考えてみる



サンフレッチェ広島の由来から「三」の意味について考えてみる

様々なことを並べ、比較するのに最適な数字?



点、線での考え方から、面で考えられるようにする視点「三」


少なすぎず、多すぎない。


そんな印象が言葉によく使われる理由かと考えます!


唯一ではなく、比較する最小の数字でもない数字。


期間や数量などを考える際には、


短すぎず、長すぎない数字。


何かを考えるときに、一個や二個を調べ、考えてみてもどうしても考えに偏りが出てしまい、場合によっては間違えていることも有る。


そんなときにもう一個調べ、三個を比較することで、


それぞれの良い所、正しいところを見極め、新しい発見をすることができる。


そういった意味合いで使われていることも多いのではないでしょうか。

うにょらー

そういった考えをもって日々を生活していきたいものです。


今回調べたなかでは、なぜここまで「三」が多用されているかの内容について追求し切れなかったので、今後もゆっくり調べていきたいと思います。


調べ始めたら論文書けそうな内容な気がしてきたので、あくまで素人仕事レベルにおさめようと思います!笑


 



 

サンフレッチェ広島の由来から「三」の意味について考えてみるのまとめ


うにょらー

最後はサンフレッチェからずいぶん飛躍してしまいました。笑



今回調べた内容だけでも、「三」という数字がもっている意味が多く、古来から大事にされてきたであろうことが、あなたにも知って頂けとことと思います。


そんな重要な数字「三」をクラブ名に掲げるサンフレッチェ広島。


三本の矢のように折れることなく、選手、サポーターが結束して試合に臨んでいます。


結束して頑張っている姿に注目しつつ、これからも応援していきたいと思います!


あ、ツキノワグマをモチーフにしたカップルマスコット「サンチェ」と「フレッチェ」にも注目していきましょう!



それでは、以上で


サンフレッチェ広島の由来から「三」の意味について考えてみる


についてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!


では!


スポンサーリンク






ABOUT ME
うにょらー
学生時代には粉砕骨折や靭帯の断裂、 社会人になってからは双極性障害(躁うつ)を経験した 「うにょらー」です! 子どものためお金稼ぎに奮闘します!